自交総連東京地連・個人加盟労働組合からのお願い
 
 組合員の皆さん、私たちプロドライバーには、お客様に対して安心・安全なタクシーを提供する責任があります。その責任を果たすためにも、人並みの生活をし、一定の休養もきちんと取らなければなりません。
 しかし、現状は、精神的にも肉体的にも限界というところまで追い詰められているといっても過言ではない状況です。

 こんなひどい状態になってしまったのには、運転者を使い捨てぐらいに考えている経営者の責任、それを野放しにしている国交省・厚労省など行政の責任、弱者に目をむけない政治の責任など、さまざまな原因があります。 

 自交総連は、そうした問題に早くから着目し、困難を乗りこえながら組合員の皆さんとともに労働条件の改善、政策要求の実現など数々の成果をあげてきました。その原動力となっているのが「組合員の数の力」です。仲間が多ければ運動は前進します。
 東京地連は、皆さんがこれからも、自交総連の一員として私たちとともにタクシー労働者の生活と権利を守るために奮闘されることを心から期待します。
 なお、今般、移籍される企業に自交総連の組合がない場合には、東京地連の個人加盟労組に加入していただくことができます。詳細は執行部または東京地連にお問い合わせ下さい。よろしくお願い致します。
以上
 自交総連東京地連・個人加盟労働組合