こんなひどい状態になってしまったのには、運転者を使い捨てぐらいに考えている経営者の責任、それを野放しにしている国交省・厚労省など行政の責任、弱者に目をむけない政治の責任など、さまざまな原因があります。